北方領土の日特別啓発期間について

2015年1月22日

 我が国固有の領土である歯舞群島、色丹島、国後島及び択捉島からなる北方四島の早期返還の実現については、道民はもとより国民の長年にわたる悲願であります。

 この北方領土問題解決のため、これまで日露両国間では精力的な外交交渉が続けられておりますが、北方領土返還要求運動が始まってから69年が経過した現在なお、領土返還への具体的な道筋は見えないままとなっております。

 特に平成27年は、北方領土問題が発生してから70年の節目の年となることから、国の外交交渉を積極的に後押しし、さらなる道民世論の結集を図ることとし、「日魯通好条約」署名の日(1855年2月7日/安政元年12月21日)を記念して、昭和56年1月6日の閣議において定められた2月7日の「北方領土の日」を中心に、北海道独自の取組として「北方領土の日特別啓発期間」を定め、道、市町村及び関係団体が連携し、一層強力に北方領土問題の啓発活動を展開していきます。

 

期間

平成27年1月21日(水)から平成27年2月20日(金)まで 
啓発活動内容
役場旧庁舎ロビーに署名コーナーを設置しております。

 

お問い合わせ

総務課総務グループ
0123-72-1111

 

お問い合わせ

総務グループ
電話:0123-72-1111