【2/6~8】栗山町産の栗で作った「栗山町の渋皮煮」試験販売

2015年1月28日

top-800.jpg

 

saibai-200.jpg

栗山町東山地区には、十数年前に植えられた約700本の栗の木が存在しています。

 

町名の由来でもある栗を活用し、新たな地域ブランド作りを目指す「北のくりやま栗づくり協議会」では、この栗園を試験ほ場として、岐阜県東濃(とうの)地方のブランド栗「超特選恵那栗(えなぐり)」の先進的な栽培方法を取り入れながら、技術と品質の向上に努めてきました。

 

生産量はまだ僅かですが、毎年10月には栄養を十分に蓄えた栗の実が一斉に落下し収穫を迎えています。

 

ひとつずつ手作業で収穫された栗の実は、大きさ、形状、比重、割れなど厳しい基準のもと良質なものだけが選り分けられ、協議会のアドバイザーでもある(株)恵那川上屋の協力により「栗山町の渋皮煮」が誕生しました。

 

町民の皆様にもご賞味いただき今後の試験栽培や商品開発につなげたいと考え、試験販売を実施します。数に限りがございますが、この機会にぜひお試しください。

 

 

 

日時

 

  平成27年2月6日(金)~8日(日) 10:00~17:00

 

 

会場

 

  まちの駅「栗夢プラザ」 TEL:0123(73)5515
  住所:栗山町中央2丁目92番地(駅前通り沿い・伊藤課長向かい)

 

 

商品詳細 

 

  

【商品名】
 栗山町の渋皮煮

 

【説明】
 栗山町産の栗を、ひとつずつ丁寧に手剥きし、ラムとバニラで香りづけしたマロングラッセ風の渋皮煮

 

【販売価格】
 栗山町内限定特価

 (通常価格2,160円のところ)

 1瓶(180g)  1,080円

 

 販売数/280瓶、お日持ち/90日

 shibukawani-480.jpg

 

  

主催・問い合わせ

 

  北のくりやま栗づくり協議会事務局 (栗山町役場ブランド推進課内) 
  TEL: 0123-73-7516  FAX: 0123-73-2160  E-mail: brandsuishin-ka@town.kuriyama.hokkaido.jp

 

当協議会は、栗山町、商工会議所、JA、事業者らが参加し、平成22年に発足しました。

日本最北端の栗産地作りと地域ブランド開発による地域活性化への展開を目指し、

栗の試験栽培や品種調査、栽培普及活動、商品・サービス開発、伝承活動などを行っています。

 

 

enakawakamiya-800.jpg

 

→ 詳しくはこちらのチラシ(PDFファイル)をご覧ください。 web-flier.pdf(2MB)

 

地図

まちの駅「栗夢プラザ」

関連ワード