フットサルで全道大会2連覇*サンクFC

2015年2月4日
  江別市で1月24日、25日に行われた全道ユースフットサル選手権大会で、町内のNPO法人サンクスポーツクラブの高校生選手で組織する「サンクFCくりやまU-18」が昨年に引き続き優勝し2連覇を達成しました。決勝戦の札幌大谷戦こそPK戦にもつれ込む接戦でしたが、その他は前年優勝の経験が大きかったのか終始相手チームを圧倒しての2連覇。4日、報告のため鈴木紀元教育長を訪れた鈴木貴浩監督は「選手たちは落ち着き、自信に満ちた戦いをしてくれました。ベンチから声を掛ける必要がないほど成長した姿を見ることができました」と選手を称えました。キャプテンの中山凌(17歳)さんは「昨年の全国大会ではベスト8でした。今回は優勝目指して頑張ります」と決意を話してくれました。全国大会は、8月20日から宮城県で開催されます。