気持ちを新たに*地域おこし協力隊委嘱状交付式

2016年5月10日
  地域活性化のためのさまざまな支援活動を行う「地域おこし協力隊」の委嘱状交付式が、 10日に行われました。本町では昨年度から受け入れを行い、現在、「農業支援員」5人、「自然教育支援員」3人、「くりやまちょうPR隊」3人の地域おこし協力隊員を委嘱していますが、今回、新たに「くりやまちょうPR隊」となる神奈川県から来た高橋毅さんと岐阜県から来た山口尚久さんへの委嘱となります。交付式では、花田正博副町長から「新たな視点で栗山町の魅力を発見し、多くの仲間を作ってまちづくりに貢献してください」と激励の言葉があり、委嘱された高橋さんは「これまで経験した情報発信の経験を生かしたい」と話され、山口さんからは「みんなと協力して気持ちを新たに頑張りたい」と決意が述べられました。