爽やかな汗を流しながら*歩けあるけ運動

2016年5月15日
  第46回目となる「くりやま歩けあるけ運動」(町教育委員会、健康づくり推進協議会共催)が15日行われました。開会式で室永栄子主幹は「青空の中で心身ともに健康になってほしい」とあいさつ。参加した3歳から82歳までの約100人は、出発前に健康づくり推進協議会サンクスポーツクラブの林さんから、ふくらはぎの負担を軽くする歩き方について話を聞き、準備運動をして出発。今年は栗山公園から湯地の丘、ハサンベツ里山地区を回るアップダウンの多い約6キロの新コースとなっており、参加者は爽やかな汗を流しながらウォーキングを楽しみました。またこの事業はポイントを貯めてくりやまギフトカードと交換できる「くりやま健康マイレージ」の対象事業となっています。