まちづくりをもっと身近に*まちづくりトーク&ディスカッション

2016年5月22日
栗山のまちづくりを町と住民が一緒に考えるイベント「あなたがちょっと立ち寄るだけで栗山町の10年後が明るくなる展」が22日、カルチャープラザ「Eki」で行われました。開会式で椿原紀昭町長は「皆さんにまちづくりをもっと身近に感じてほしい」とあいさつ。まちづくりトークでは、講師の内川亜紀さん(札幌駅前通まちづくり株式会社 統括マネージャー)が学生時代から行っていた「まちおこし」活動についての事例を紹介しました。その後、5人のパネラーとともに「住みたい、住み続けたい町になるために必要なまちづくりとは?」をテーマにまちづくりディスカッションが行われ、事前に申し込みをした参加者は熱心に耳を傾けていました。また、会場内ではあなたもポスターに!特大ポスター顔出しパネル、知ってた?栗山町パネルなどの「栗山の『今』に出会えるパネル」も展示されました。

 

 

 

 

       ※告知ポスター50種類はこちら

       栗山あるあるポスター.pdf(2MB)