継立小でグラウンド整備*共立道路株式会社

2016年5月23日
共立道路株式会社(鵜川昌久代表取締役社長)が23日、継立小学校のグラウンド整備を行いました。共立道路は平成19年より町内施設の整備をボランティアで行っており、今年度はパワーショベル1台、タイヤローラー1台の計2台と、16人の社員がグラウンドのトラック整備や、走り幅跳びの砂場整備など、約2時間にわたり作業を実施しました。高橋俊行取締役工事部長は「来週の運動会に向けて例年よりも早く整備することにしました。走りやすく、きれいになったグラウンドで、当日はのびのびと精いっぱい頑張って、すばらしい運動会にしてほしいです。今後も地域に貢献するため、奉仕活動を続けていきます」と話してくれました。