日ごろの訓練の成果を披露*栗山消防団春季連合消防演習

2016年6月11日
  南空知消防組合栗山消防団(永田英隆団長)の春季連合消防演習が11日、栗夢広場で行われ、日ごろの訓練の成果を披露しました。演習には第1分団から第3分団までの団員と女性消防団員を合わせた104人と消防車両8台が参加。同組合管理者の椿原紀昭町長が「近年の多種多様な災害に対し、消防団員一人ひとりの資質向上に努めることが地域の安全安心へとつながるものと確信しています。今後さらなる活躍を期待します」とあいさつ。その後、分列行進やポンプ操法、女性消防団員による応急手当訓練などが実施されました。また、永年勤続者への表彰も併せて行われました。