チームで協力して課題をクリア*くりやまウォークラリー

2016年6月19日
今年で23回目となる「くりやまウォークラリー」(町教育委員会主催)が、スポーツセンターを発着にして19日に行われました。スポーツ少年団の仲間や親子などで編成された25チーム103人が、3.5kmのコースを地図に従って歩き、6カ所設けられたチェックポイントで得点を競いながら、設定された時間に合わせゴールを目指しました。今年は、チームで協力しながら課題を解いていく内容が増え、参加者は実際にお店に行って答えを考える「商店街クイズ」やホワイトガーデンに設置している木彫りフクロウの数を当てる「ふくろう探しクイズ」などで、仲間と協力し合いながら次々と課題をクリアしていきました。栗山中1年の古川ゆらさんは「小学生との合同チームで体力に差はあったけれど、みんなで協力してゴールできて良かったです」と話してくれました。