つながりを広げる場となって*遊歩道の駅つぎたて

2016年7月9日
まちなかカフェ事業を展開する「遊歩道の駅つぎたて」で交流イベント「サマーフェスタ2016」が開かれ、地域住民が夏のひとときを楽しみました。同施設は昨年1月にオープン。社会福祉法人栗山ゆりの会が運営し、他団体と協力し高齢者や児童、障がい者などが集う地域交流スペースとなっています。同法人の橘一也理事長は「このイベントを通じて、よりたくさんの方に遊歩道の駅を知ってもらい、地域の皆さんが気兼ねなく交流し、つながりを広げる憩いの場となってほしい」と話していました。また、イベントの最後にはビンゴゲームが行われ、集まった約150人はビールや焼き鳥、フランクフルトなどを囲み、多世代での交流を笑顔で楽しみました。