自信を持って全道へ*バドミントン少年団の名内さん

2016年7月15日

 

7月3日に開催された南空知地区小学生バドミントン選手権大会「6年女子シングルスの部」で3位となり、全道大会出場を決めた栗山バドミントン少年団(上田幸江代表)の名内果暖(かのん)さんが、上田代表とともに14日、南條宏教育長へ報告に訪れました。小学2年生からバドミントンを始め、クリアとサーブが得意だという名内さん。南條教育長は「1回戦は特に緊張するので、自信を持って全道の試合に臨んでほしい」と激励し、名内さんは「相手の弱点を突いていけるように夏休み中にしっかり練習して、1回戦を突破したい」と決意を話してくれました。全道大会は8月27日から函館市で開催されます。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg