中体連全道大会出場*栗中生17人が教育長を表敬訪問

2016年7月20日

空知管内の各種大会で優秀な成績を収めて全道大会出場を決めた、栗山中学校(中島琢磨校長)の生徒が20日、南條宏教育長へ報告に訪れました。各種目を代表する生徒たちが一人ひとり全道大会での活躍を誓うと、南條教育長は「ケガをせず、悔いのないように精いっぱい頑張ってください」と激励しました。各全道大会・出場選手は下記のとおりです。

 

陸上 7月25日~27日 北見市

○男子棒高跳び

  鈴木 隆成(りゅうせい:3年) 髙橋 寛磨(とうま:3年)

○男子110メートルハードル 山川 知真(かずま:3年)

○男子400メートルリレー

  越智 達也(2年)相木 岳斗(3年)鈴木 隆成(3年)

  山川 知真(3年)髙橋 寛磨(3年)

○女子走幅跳  仁木 望愛(のあ:2年)

○女子400メートルリレー

  山本 空澄(そらみ:2年)仁木 望愛(2年)

  奥野 結愛(ゆめ:2年)古田 姫花(2年)榎本 ひかる(2年)

水泳 7月29日~31日 帯広市

○男子200メートル背泳ぎ 米田 護仁(もりひと:2年)

○女子100メートルバタフライ・400メートル個人メドレー

  中山友里菜(2年)

柔道 7月30日~31日 登別市

○男子個人(66kg級) 後藤 大和(3年)

ソフトテニス 8月1日~3日 旭川市

○女子個人ダブルス

  鳥山 愛実(あいみ:3年)・髙松 結衣(3年)組

サッカー 8月2日~4日 芦別市

○主将  藤村 哉大(かなた:3年)

○副主将 見立 大和(ひろと:3年)