学びの成果を発表*介護福祉学校で実習報告会

2016年7月21日
 

町立北海道介護福祉学校(坪田弘校長)で20日、同校2年生30人が7週間におよぶ介護福祉実習を終え、その学びを発表する報告会が開かれました。特別養護老人ホームなどで高齢者支援などを通じて学んだことを、学生ごとに「コミュニケーション」「「個別的介護」「ご利用者との日々のかかわり」のテーマごとに発表。その後、全体での意見交換や討論が行われました。毎年、この報告会は自由に見学できる「地域公開授業」となっており、地域住民や介護施設関係者など約30人が参観し、報告内容を聞き入っていました。