チャレンジ栗小始まる*栗山小学校で夏休み学習サポート

2016年7月25日

 

栗山小学校(吉田政和校長)で25日、夏休み学習サポート「チャレンジ栗小」が始まりました。栗山小学校運営協議会(古野善昭委員長)が企画したもので、夏休み26日間のうち3日間を使い、望ましい生活習慣や学習習慣を身につけ、1学期の学習事項の復習を通して学力の確実な定着を目的としています。中島淳教頭は「夏休みを計画的に過ごすことへの手助けになれば」と話していました。初日は全学年のうち107人が参加。児童は国語と算数のドリルを解いていき、経験豊富なボランティアの指導者に採点や解説をしてもらいました。3年生の榎本惇希(あつき)くんは「宿題以外にも勉強をしてみたかったので参加しました。学ぶことが多くて楽しいです」と話していました。今後は8月16日と17日に行われます。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg