継続的な募金活動に感謝状*トラック協会南空知支部

2016年8月25日
   札幌地区トラック協会南空知支部(工藤英人支部長)が取り組む交通遺児への募金活動に対し、北海道交通安全推進委員会より感謝状が贈られました。同支部は交通事故などにより保護者を失った交通遺児の育英事業に役立てるため、12年前から継続的に募金活動を実施。これまでの寄付総額は130万円を超えます。22日、役場会議室で栗山町交通安全協会の岩﨑俊英会長より感謝状を伝達された藤柳誠一副支部長は「交通遺児のために少しでも力になれるよう、これからも活動を継続していきたいです」と話していました。