継立地区で農業体験*シドニー大学インターンシップ

2016年9月2日
町農業振興公社では北海道大学から依頼を受け、シドニー大学農業環境学部の学生7人を農業インターンシップとして受け入れました。8月29日には北大の齋藤陽子教授、北大生3人とともに役場を表敬訪問。レーモンド・ジョーンズ・リース・ロワンさん(22歳)は「農作物の作り方や流通について体験を通じて学びたい」と抱負を述べると、椿原紀昭町長から「慣れるまで大変ですが、栗山町でいろいろなことを体験し、良い思い出を作ってください」と激励されました。学生は9月25日までロッジ栗の木を拠点にして、継立地区の農家のもとで農作業を体験。畑で土に触れ、農家の声に耳を傾け、栗山町、さらには日本の農業について理解を深めます。