生きづらさを抱えた子どもたちに寄りそって*田中康雄氏講演会

2016年9月5日

 

発達障がい研究・治療のエキスパートである田中康雄氏の講演会が4日、総合福祉センター「しゃるる」で開かれました。田中氏は、子どもから大人まで幅広い層の患者やその家族と向き合い、話を聞きながら治療を進めており、町内の方も多数受診。過去には数回来町され、子どもたちの支援なども行っています。今回は、「生きづらさを抱えた子どもたちに寄りそって~理解と支援~」と題して講演。田中さんは「お互いの支え合いが、当事者の支えに繋がります。みんなで必要に応じた支援をしていくことが大切です」と呼びかけ、集まった約150人は熱心に耳を傾けていました。講演に参加した西田桂(けい)さんは「生きづらさを抱えた子どもたちは本人のできる努力も必要ですが、周りとの関係をいかに構築していくかが重要だと感じました。このような子どもたちの理解を深めるためにも、今日の話はたくさんの人に聞いて欲しいと思いました」と話してくれました。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg