命の大切さを語りつなぐ*中央地域まちづくり協議会防災講演会

2016年9月9日

 

中央地域まちづくり協議会(梅津弥須治会長)が主催する防災講演会が、8日にカルチャープラザ「Eki」で行われました。いつ起こるか分からない災害に備え、防災意識を高めることを目的に開催。講師に、奥尻町で北海道南西沖地震の津波を体験した元消防士の三浦浩氏(今年4月に移住し、中央3丁目に在住)を招き「あの坂へ いそげ」と題して講演。三浦さんは、スライドと津波の経験を基にした手作り紙芝居を使って「災害が起きたら『命を守る』『命をつなぐ』『手立てを3つ』を必ず行ってください。そして、子どもたちにも日ごろから災害に備えることを伝えて」と呼びかけ、集まった約40人の参加者は熱心に耳を傾けていました。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg