両市町の交流を深める*角田市青年国内研修団来町

2016年9月9日

 

姉妹都市の宮城県角田市青年研修団(森真孝団長)が栗山町を訪れています。同研修団は商工会青年部やJA青年部の有志6人で構成され、9日から3日間の日程で道内の視察や地元青年団体との交流などを行い、栗山には10日まで滞在。9日に総合福祉センター「しゃるる」で行われた歓迎会では南條宏教育長が「歴史ある建造物や基幹産業である農業などを視察し、青年をはじめ多くの方々と楽しみながら交流してください」と歓迎のあいさつをしました。歓迎会の後、研修団一行は役場会議室で地域創生や移住・定住、新規就農など栗山町のまちづくりについて研修。10日は有限会社植物育種研究所、開拓記念館、小林家を訪れます。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg