地域で協力し合い災害対策を*中央南まちづくり協議会避難訓練・防災学習会

2016年9月12日
  中央南まちづくり協議会(前田勝治会長)が11日、災害避難訓練と防災学習会を行いました。災害避難訓練では、午前9時に震度6強の地震が発生したことを想定し、町内会それぞれの一時避難場所に避難した後、集合場所の勤労者福祉センターまで移動。その後、フリーキャスターで気象予報士の菅井貴子氏による防災学習会を開催。「多発する異常気象と北海道の将来」と題した講演では、スライドを使って「完全な防災は無理でも、減災は可能です。命を守る『情報』『知識』『備え』の3原則を意識して地域で協力し合いながら災害対策しましょう」と呼びかけ、約70人の参加者は熱心に聞き入っていました。