楽しみながらゲームに挑戦*レクリエーションのつどい

2016年10月16日
今年で39回目となる「レクリエーションのつどい」(同実行委員会主催)が16日、スポーツセンターで行われました。はじめに、吉田輝雄実行委員長から「今日は運動を通して親睦と交流を深めていただき、楽しい時間を過ごしてください」とあいさつがあり、その後、町内の老人クラブから参加した約90が、町スポーツ推進委員の指導のもと5つのゲームに挑戦。ひしゃくを使ってお手玉を運ぶ競技や「サイコロでビンゴ」など、4つのチームに分かれ協力しながら体を動かしました。70代の男性は「楽しい時間でした。玉入れが面白かったです」と話していました。