身近なもので生き延びろ*ときわ・みなみ中里協議会防災講演会

2016年11月12日

 

ときわ・みなみ中里協議会(鈴木武道会長)が主催する防災講演会が、12日に総合福祉センター「しゃるる」で行われました。いつ起こるか分からない災害に備え、防災意識を高めることを目的に開催。講師に、南極料理人の西村淳(じゅん)氏を招き「身近なもので生き延びろ」と題して講演。西村さんは、スライドと映像を使って南極観測隊での経験を交えながら「南極観測隊では、みんなで工夫して楽しく生活できました。災害などの時には、身近なものを使ってみんなでいろいろなことを考えれば良いし、笑い飛ばすくらいの余裕を持つことが必要だと思います」と呼びかけ、集まった約50人の参加者は熱心に耳を傾けていました。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg