初の道外大会で優勝*栗山ロッキーズ

2016年11月21日

 

青森県むつ市で12日から13日にかけて開催された「第13回北日本少年軟式野球選手権大会」で栗山ロッキーズが優勝し、選手13人が21日、南條宏教育長を訪れ報告をしました。創部33年目にして初の道外大会出場での優勝。大会は北日本の代表8チームが集まり、決勝戦では、滝川少年野球倶楽部(北海道)に7回サヨナラの5対4で初勝利し、初出場初優勝を成し遂げました。キャプテンの林原和輝さん(12歳:栗山小6年)は「チーム一丸となって優勝できたのでうれしかったです」と大会を振り返り、南條教育長は「優勝おめでとうございます。ここまでの道のりは本当に大変だったことでしょう。監督・コーチをはじめ、保護者の方々へ感謝の気持ちを忘れないで、これからも大きく成長していってほしいです」と選手を激励しました。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg