和紙ちぎり絵で全道シルバー展銅賞に輝く*菅原愛子さん

2016年11月27日

 

9月に札幌市で開催された第27回全道シルバー作品展(主催:北海道社会福祉協議会・北海道文化団体協議会)で継立の菅原愛子さん(77歳)が銅賞にあたる北海道文化団体協議会会長賞を受賞し25日、南條宏教育長へ報告に訪れました。同展は道内の60歳以上を対象にした公募展で、菅原さんは所属する和紙絵すみれサークル(前川澄子代表)の会員らとともに出展。受賞作「翔」は、昨年のくりやま芸術祭で出展し好評だった事から出展しました。報告にはサークルの講師を務める前川代表も同席。菅原さんは「1カ月かけて作品を手がけてできた事が嬉しかったです」と作品作成の思い出を振り返り、南條教育長は「精魂込めて作られているのが伝わってきます。受賞おめでとうございます」と受賞を祝いました。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg