新規就農までの軌跡を語る*久宝さんが講演

2016年11月28日

農業を仕事にするための相談会「北海道新規就農フェア」が26日に札幌コンベンションセンターで開催(出店数136ブース、来場者数484人)され、新規就農者の久宝めぐみさんが自身の就農までの道のりを講演しました。久宝さんは平成26年に就農。大井分地区で50aの農地を借り、ハウス4棟でキュウリ、ミニトマトなどを作付しています。久宝さんは会場の一角で行われたセミナーの講師として登壇。農業者への道を踏み出そうとする来場者を前に、「就農までには数多くの苦労があった。くじけそうな時は農業を志した初心を思い出し、自分を奮い立たせた」と話し、「私もまだ道半ば。一緒に夢を叶えましょう」と呼びかけました。

 

【久宝さんの就農までのストーリー】

詳しくはこちらをクリック