地域振興を担う人材育成を*小中高ふるさとキャリア教育体験発表会

2016年12月5日
  小中高ふるさとキャリア教育指定校(塩﨑学代表)主催による「栗山町小中高ふるさとキャリア教育体験発表会」が3日、栗山高校で行われ約200人が参加しました。この事業は地域振興を担う人材育成を目的に、北海道教育委員会が昨年から3年間の計画で実施。研究校に指定された町内の5小中高校の児童・生徒は田植えや稲刈り、職場体験で学んだことを発表しました。田植えから収穫までを体験した児童は「お米のありがたみが分かりました」と発表し、職場体験を行った生徒は「協力して仕事をすることの大切さが分かりました」と発表していました。