協力してもちつきを体験*角田小学校土曜授業

2016年12月12日
  角田小学校(菊池精一校長)で10日、今年度9回目となる土曜授業「もちつき集会」が行われました。用意されたもち米は8キロ。子どもたちは4班に分かれ地域の方々と協力しながら、杵と臼でもちをつき、あんやきなこなどで味付けをしました。できあがったもちは全員にふるまわれ、有意義な土曜授業となりました。3年生の鈴木陽太くん(9歳)は「杵が重くてつくのが大変だったけど、自分たちで味付けをしたもちはとてもおいしかった」と話していました。