就任後初の日本一を祝福*栗山監督優勝パレード

2016年12月27日
  栗山駅前通りで23日、栗山監督優勝パレードが行われ、栗山英樹監督就任後初の日本一を祝福しようと、町内外から約5,000人のファンが訪れ声援を送りました。町内で優勝パレードが行われるのは4年ぶり2回目。栗山監督はいつも通りのスポーツウェアと長靴姿で、軽トラックの荷台の上から「ありがとう」と声をかけながら笑顔で声援に応えていました。パレード終了後、栗山監督は「天候が悪い中、たくさんの人が見に来てくれて感動した。雪の中で紙吹雪を振らせるという、北海道の風物詩を体験することができてうれしかった。準備をしてくれた栗山の人たちに感謝したい」と、思いを語りました。このほか、栗山監督との握手&記念撮影会も行われ、約8時間をかけ、約1,100組のファンと交流を深めました。