継立野球スポーツ少年団にボールを寄贈*栗山工業団地企業協議会

2017年2月24日

 

栗山工業団地企業協議会(松原正和会長)が22日、継立野球少年団へ野球ボールを贈りました。同協議会は工業団地内にある事業所24社で構成され、地域産業の振興を主な目的として昭和56年に設立。青少年育成のために、これまで町内のスポーツ少年団へ多くの支援を行ってきました。松原会長が「みんなで元気よく、思う存分に練習してください」と野球ボールが入った箱を手渡すと、同団の結樹さん(10歳:継立小4年)は「ボールを寄贈してもらいとてもうれしいです。これからもこのボールを使って練習を頑張りたいです」と感謝の言葉を述べました。

 

news-1.jpg  news-2.jpg  news-3.jpg