小、中学生がともに3位入賞*北海道子どもかるた大会

2017年3月3日

 

第20回北海道子どもかるた大会に出場した町内の小学生チーム「大聖の昇龍」と中学生チーム「大聖の桜華」がともに3位となり1日、南條宏教育長へ報告に訪れました。両チームは全町子どもかるた大会と空知子どもかるた大会でそれぞれ優勝し、2月19日に札幌市定山渓温泉で開催された全道大会に出場。3回戦まで順調に勝ち進み、準決勝では小学生が優勝した別海町のチームに、中学生は鶴居村のチームに惜敗したものの、3位決定戦で勝利し見事全道3位となりました。小学生チーム主将の越前谷拓翔(栗山小6年)さんは「3位決定戦で立ち直れて良かった。次の大会からは負けているときでも元気を出していきたい」、中学生チームの岡山真子(栗山中2年)さんは「準決勝で逆転負けをして悔しかった。課題を克服して来年に生かしたいです」と報告すると南條教育長は「全道3位おめでとう。来年の目標に向かって頑張ってください」と活躍をねぎらいました。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg