人と自然が共生するまちへ*空知森林管理署と協定締結

2017年3月23日
  栗山町と北海道森林管理局空知森林管理署が22日、「国民参加の森林づくり協定」を締結しました。この協定には、対象地域の生物多様性を構成する生物、またこれらが永続的に生息できる環境を保全することなどが盛り込まれています。役場会議室で行われた締結式で、椿原紀昭町長が「自然の恩恵を受けることで、心豊かに人と自然が共生するまちを推進していく協定であり、深く感謝申し上げます」と述べると、空知森林管理署の田之畑忠年署長は「森林づくりや生物多様性などの活動に貢献していきたい」と決意を語りました。