庁舎を華やかに*たかはしダリアが洋ランを寄贈

2017年3月23日
花と緑の部屋「たかはしダリア」(中央3)の高橋和則店長が22日、コチョウランやデンドロビュームなどの洋ラン4種10鉢を町に寄贈しました。同店では、14年前から「栗山洋ラン展」を開催。その収益金の一部で毎年、町に洋ランを寄贈しています。高橋店長は「来庁者が多いこの時期に庁舎を華やかにしてほしいです」と話し、受け取った椿原紀昭町長は「見事な花を毎年ありがとうございます」とお礼を述べました。洋ランは、役場1階窓口などに設置。来庁者の心を和ませています。なお、同店では24日から4月2日まで「栗山洋ラン展」を開催。約60種類200鉢以上の珍しいランの数々を無料で楽しむことができます。