さらなる活躍を期待*地域おこし協力隊委嘱状交付式

2017年4月6日
平成29年度栗山町地域おこし協力隊の委嘱状交付式が5日、役場会議室で行われ、昨年度からの継続隊員8人に椿原紀昭町長から委嘱状が手渡されました。その後、「自然教育支援員」「農業支援員」「くりやまちょうPR隊」の順に隊員が活動を報告。椿原町長ら関係者約20人を前に、活動の概要や今後の目標を話しました。ハサンベツ里山の保全活動に力を注いだ「自然教育支援員」の西脇宏伸さんは「里山の保全作業日に町外の若者を受け入れることができた」と報告。農業支援員の井澤綾華さんは「管理栄養士の資格を生かして今後も都市部の学生と農村地域との交流を推進していきたい」、「くりやまちょうPR隊」の石井翔馬さんは「先進地の事例を参考にふるさと納税制度のさらなる周知をしていきたい」と意気込みを語りました。報告を受けた椿原町長は「皆さんの活動は町外へのPRはもちろん、町内にも大きな刺激となりました。今後もさらなる活躍を期待しています」と感謝の言葉を述べました。