緑化推進運動功労者表彰を受賞*ハサンベツ里山計画実行委員会

2017年5月1日

 

ハサンベツ里山計画実行委員会(髙倉淳実行委員長)が4月28日に東京都の憲政記念館で行われたみどりの式典で、緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰を受賞し1日、報告のため椿原紀昭町長を訪れました。同委員会は長年放置されていた24haの離農跡地とその周辺約70haの林地「ハサンベツ里山地区」を平成13年から「人が自然の恵みと共存する里山」として復元する活動を開始。また、ハサンベツ川周辺における町民参加の自然観察会や、小中学生の参加による自然体験事業など、さまざまな活動を展開していることが評価されての受賞となりました。髙倉実行委員長は「里山が評価され、栗山町を発信するシンボルとなりました」と報告し、高橋慎事務局長は「これからも官民一体となって協力していきたい」とこれからの抱負を語ると、椿原町長からは「受賞おめでとうございます。これからも後継者を育成しながら頑張っていただきたい」と激励しました。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg