北の山脈(やまなみ)を描く*境健治絵画展

2017年5月15日

 

栗山町で生まれ育ち、栗山オオムラサキの会の会員として活動している境健治さん(岩見沢市在住)の絵画展が、15日からカルチャープラザ「Eki」で開かれています。この絵画展は、栗山オオムラサキの会30周年記念事業として開催され、日高を中心に北海道の山々を描いた29点の油絵と、高級ピアノに使われる境さんの絵の額に使用している部材が展示されています。境さんは「初めての個展が生まれ育った栗山町で開催できてうれしいです。この機会に作品をご覧いただければと思います」と話していました。同展は21日まで開催され、19日にはふれあいトークで「北の山脈を歩く・描く・話す」と題した講演が行われます。

 

【絵画展】

(期 間)5月15日(月)~21日(日)

(時 間)10:00~16:30

(場 所)カルチャープラザ「Eki」(2階)町民ギャラリー

(入場料)無料

【ふれあいトーク】

(月 日)5月19日(金)

(時 間)19:00~21:00

(場 所)カルチャープラザ「Eki」(2階)研修室B

(参加費)300円