ボランティアでバス停を清掃*ひまわりグループ

2017年6月17日

 

バス停を気持ちよく使ってもらおうと、ボランティア団体「ひまわりグループ」(田畑広子会長)の会員13人が17日、町内約30カ所のバス停留所や待合室などを清掃しました。この団体は毎年春と秋の年2回、ボランティアでバス停清掃を実施。当日は、3班に分かれて待合室の天井や壁のほこりを払い、掃き掃除や窓ガラスの拭き掃除、周辺の草刈りなど約2時間汗を流しました。田畑会長は「不法投棄された家庭ごみが目立ちました。きれいになったバス停を気持ちよく使ってもらいたいので、ごみは必ず持ち帰ってください」と話していました。

 

news-1.jpg  news-2.jpg  news-3.jpg

 

       ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。