地域で協力してごみ拾い*栗山小学校

2017年6月26日
  栗山小学校(吉田政和校長)が24日、土曜授業として「くりっ子クリーン作戦」を行いました。コミュニティスクールの活動をさらに深めるために、今年度は清掃場所を自分たちの住んでいる地域に変更。朝日ふれあい公園では約80人が参加し、軍手やごみ袋、ごみ取り用の火ばさみを手に、吸い殻や紙類などを拾い集めながら、担当区域を約1時間かけて清掃しました。6年生の樋渡大伍さん(11歳)は「見えにくい場所にごみがたくさんあってびっくりしました。みんなで協力して楽しくごみ拾いができました」と話していました。
 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。