温かい心で接して*更生保護女性会が街頭PR

2017年7月7日

栗山更生保護女性会(飯尾喜美恵会長)が7日、北雄ラッキー栗山店前で、犯罪や非行の防止と更生支援への理解を呼び掛ける街頭啓発を行いました。法務省が主唱・推進する7月の「社会を明るくする運動」強調月間に合わせ、毎年実施。同会員6人が「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ」と書かれたティッシュとばんそうこうを買い物客に手渡しました。晴天の中、用意した250セットを20分ほどで配り終え、飯尾会長は「更生した人に温かい心で接してほしいです」と話していました。24日には栗山高校玄関前で同様に街頭啓発が行われます。 

 

■「社会を明るくする運動」ホームページ

  

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。