水辺の生き物と触れ合う*めぐみ幼稚園

2017年7月11日

めぐみ幼稚園(圓成眞生子園長)の園児が10日、ハサンベツ川で水辺の生き物調べを行いました。小さい頃から自然や生き物に触れ合ってもらおうと、ふるさと自然体験教育事業として実施され、園児約50人が参加。NPO法人雨煙別学校職員や地域おこし協力隊などから「網は動かさずに足を動かして」とアドバイスを受け、園児は慣れない網に苦戦しながらも一生懸命に水辺の生き物を探していました。事業スタッフの諸橋淳さんは「何にでも興味を持つこの年代に、栗山町ならではの自然や空気を感じ取ってほしいです」と話していました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。