木のぬくもり感じて*くりやま家具・工房まつり

2017年7月15日

町内の家具メーカーや工房など7事業所が家具を展示即売する「くりやま家具・工房まつり」が、15日から17日まで家具ショールーム匠の森(鳩山)で開催されています。まつり協議会(増田雄平会長)が主催するもので、今年で6回目。木製家具の愛好家をはじめ、来場者は木のぬくもりを生かし、家具の匠たちが丹精込めてつくりあげた家具の魅力を確かめていました。匠の森の横井淳代表は「家具といえば“くりやま”と皆さんに知ってもらえるように、来年以降も続けていきたい」と話していました。7月17日(祝・月)の午後3時からはテーブルやイスなどを対象とした「家具オークション」も開催されます。 詳しくは以下のチラシをご覧ください。

 

 くりやま家具工房まつりチラシ.pdf(270KB)

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。