全道大会出場*バドミントン少年団

2017年7月23日

 

7月9日に岩見沢市で開催された第49回南空知地区小学生バドミントン選手権大会の「6年生以下女子ダブルスの部」で3位となり、見事全道大会出場を決めた栗山バドミントン少年団(吉田孝則代表)の渡部澪(しずく:栗山小6年)さんと保坂明梨(あかり:栗山小5年)さんが21日、南條宏教育長へ報告に訪れました。2人は小学2年生からバドミントンを始め、今回が全道大会初出場。南條教育長は「少年団の代表として優勝を目指して頑張ってきてほしい」と激励すると、渡部さんと保坂さんは「最後まで諦めずに練習の成果を発揮して、1回でも多く勝ちたいです」と決意を話してくれました。全道大会は8月26日から小樽市総合体育館で行われます。

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。