自然との触れ合い楽しむ*ハサンベツ里山の日

2017年8月14日

ハサンベツ里山計画実行委員会(高橋慎実行委員長)主催の「ハサンベツの日」作業が13日、ハサンベツ川支流の火薬庫の沢で行われました。平成25年の雷豪雨により大災害を受けたハサンベツ川と支流火薬庫の沢の市民工事を含めた復旧・再生工事が、4年の年月をかけて大幅に整備が進んだことを記念に開催。今回は石組みされた箇所に小石や砂を詰める作業のほか、この地に生息している生き物の捕獲や紹介、魚の放流なども行われ、参加した親子連れなど約20人は自然との触れ合いを楽しんでいました。参加した出南拓真くん(5歳)は「虫取りが一番楽しかった」と話していました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。