夏の風物詩華やかに*ふるさと盆踊り

2017年8月15日
夏の風物詩である、くりやまふるさと盆踊り(栗山町商店街連絡協議会主催)が15日、松風2丁目にあるご縁広場で開かれ、夏の夜を楽しむ大勢の町民でにぎわいました。夕暮れとともに商店街の若手が打ち鳴らす太鼓の合図でスタート。華やかな浴衣姿の子どもたちがやぐらを囲んで踊りを楽しみました。また、豪華景品が当たる恒例の仮装大会も行われ、人気キャラクターなどに扮した参加者も踊りの輪に加わりました。子どもの部の仮装大会で優勝した喜多村賢吾くん(7歳)は「弟とお母さんの3人で参加しました。とても楽しかったので、また来年も出たいです」と笑顔で話していました。

 

 

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。