恒久平和を願う*戦没者追悼式

2017年8月21日

 町主催による平成29年度の「戦没者追悼式」が20日、角田農村環境改善センターで行われました。当日は、遺族や関係者など約80人が参列。幾多の戦禍により亡くなられた町出身の戦没者411人の御霊(みたま)に祈りを捧げました。黙とうの後、佐々木学副町長は式辞で「尊い生命が犠牲となる戦争を再び繰り返すことのないよう、次の世代に正しく語り継ぐ大きな使命を持つ、町民一人ひとりであり続けたい」と述べました。その後、栗山詩吟愛好会有志による献詩朗詠に続き、参列者全員で献花を行い戦没者のご冥福と世界の恒久平和を祈りました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。