町民の手で外壁を塗装*雨煙別小学校

2017年8月28日

自然・環境・文化・スポーツなどさまざまな分野の活動拠点として復活した雨煙別小学校で26日、外壁塗装が行われ町民ボランティアなど約50人が参加しました。同校は平成20年に市民工事を行い、平成21年に環境教育を行う宿泊可能な体験施設「雨煙別小学校コカ・コーラ環境ハウス」として再生。1500人を超える町民が参加したボランティアで再生工事を行った当施設は現在、年間3000人を超える皆さんにご利用いただいています。さまざまな方の想いにより再生した当環境ハウスですが、10年近い年月が過ぎ、この度当施設の塗装を再度実施。参加者は約3時間かけて1階外壁部分の塗装に汗を流しました。

 

 

 

     ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。