災害発生!備えあればうれいなし*消費者まつり

2017年8月28日

 

今年で44回目となる「消費者まつり」(栗山消費者協会主催)が27日、勤労者福祉センターで開かれました。今年のテーマは、「備えあればうれいなし!災害発生!知っておいたら役立つ」。当日は、開場前から約50人の方が列を作り、防災に関するパネルコーナーや栗山赤十字病院の真井睦子管理栄養士による災害時にも役立つポリ袋を使った調理実演などに訪れ、熱心に見聞きしていました。その他、会場には試食やオリジナルエコバック作り、健康チェックなどのコーナーが設けられ、駐車場ではフリーマーケットが行われるなど、多くの人でにぎわいました。

 

 

 

       ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。