サケの自然産卵を願って*夕張川で清掃作業

2017年9月5日

一般社団法人栗山青年会議所(中井浩輝理事長)主催の河川清掃「ぼくらの故郷夕張川クリーン作戦」が2日、町内を流れる夕張川支流の雨煙別川で行われました。夕張川自然再生協議会・ハサンベツ里山計画実行委員会(高橋慎会長)や、空知総合振興局札幌建設管理部長沼出張所の職員など約50人が参加。はじめに中井理事長が「たくさんのご参加をいただき、ありがとうございます。サケが安心して産卵できる環境を整えていきましょう」とあいさつ。胴長を着るなどして準備をした参加者は、川底に溜まったビニールやなどを拾い上げ、次々と撤去していきました。また清掃後には、高橋会長が講師となり、サケの産卵床や川のごみがサケに与える学習会も行われました。

 

 

 

      ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。