秋の田園を駆け抜ける*くりやまマラソン大会

2017年9月6日

第48回くりやまマラソン大会(主催:町陸上競技協会)が3日に行われ、東京都や大阪府をはじめ町内外から374人が参加し初秋の栗山を駆け抜けました。開会式では橋場利勝会長が「日頃の練習の成果を十分に発揮できる大会となることを期待します」と選手を激励。また、遠方からの参加者や当たりの受付番号の方に栗山の特産品が贈られました。レースは、栗山小学校前をスタートし、田園風景が広がる町内の3km、6km、10kmの各コースを力走。心地よい風と沿道からの声援を受けながらゴールのスポーツセンターを目指しました。表彰式では、男女、年代別に1位から3位までに賞状とメダルが授与。この他にも栗山町の特産品が当たる抽選会が行われました。10kmを完走した花田啓祐さん(41歳:安平町)は「途中の向かい風でペースは落ちましたが、広がる田園風景を楽しみながら走るだけでなく、最後に景品も当たったので良い思い出になりました」と話していました。

 

※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。