フィンランドの留学生も参加*介護福祉学校「学校祭」

2017年9月6日

 

町立北海道介護福祉学校(塩﨑学校長)の第30回学校祭が2日と3日の両日に開かれ、たくさんの来場者でにぎわいました。今年のテーマは「E(笑顔)T(楽しく)T(繋がり)K(協力)~みんな一つで笑顔満開~」。2日の一般開放日には、学生による介護部門の実演などが行われ、普段通りの学びの成果を披露しました。校庭の特設ステージでは手話サークルの発表やヨサコイなど多数のイベントを開催。また、交換留学生としてフィンランドから来町しているティーア・キュッロネンさんと、イーダエリサ・ラーティカイネンさんもフィンランドで流行りのダンスを披露し、会場からは大きな拍手が送られました。

 

 

 

       ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。