万が一に備えて*救急講習会

2017年9月13日

 

救急医療週間(9月3日~9日)に合わせ、救急医療および救急業務に対する正しい理解と認識を深めるため、南空知消防組合消防署による講習会が7日、子育て支援センター「スキップ」で行われました。同消防署の職員が講師となり、来館した親子連れなど約20人が参加。講習ではやけどや誤飲時の応急手当、電気ショックで心肺機能を回復させるAEDの使い方や、心臓マッサージの方法などについて説明を受けた後、来場者が実際にAEDを使って、適切な救命処置の方法を学んでいました。

 

 

 

 

 

            ※本ウェブサイトの文書(記事)および画像(写真)の無断使用を禁じます。